2015年04月27日

東京で新規就農 東京NEO−FARMERS

 以前、このブログで少し紹介した東京の新規就農について、日経ビジネスで取り上げられていました。
 記事のタイトルは「これはもう革命と言っていいんじゃないだろうか」とちょっと過激ですが、東京で農業を始める人たちが現れている現状や就農する人たちの意識について、好意的な内容でつづられています。

 この記事の中で、東京での新規就農の世話人である東京都農業会議の松澤氏は、就農を希望する人が「なぜ東京を選ぶのか」について、次のことをあげています。

その1:「まず東京は全国で一番、田舎から人を受け入れてきたから、よそから人が入ってくることに抵抗感がない。」

その2:「住宅をみつけるめども立ちやすい。一軒家がなかったり、作業場を確保しにくいっていう問題はあるけど、田舎で就農するのと違い、『住む場所をどうするか』はさほど問題にはならない」

その3:「大消費地が目の前にあるから、農産物の売り方が多様で、最初の年からある程度の売り上げを見込めるという点もある。地方だと、産地の一員として同じ作物をつくることが求められる。」

その4:「もし困ったら、アルバイトができるという感覚もあるんじゃないですか」

その5:「暮らしを大きく変えたくはないという傾向もあるようです。もし、彼らが九州で就農すれば、すべて変わる。まわりに知り合いがいない。どういう場所だかわからない。まわりと同じものを、言われた通りつくるしかない。東京は違う」

 日経の記者である吉田氏は最後に、「新規就農など考えられなかった東京で、農業を始める若者があらわれ、次々にあとに続き、既存の農家や企業を巻きこんでいく。農業の世界で革命的なことが起きつつあると言うと、大げさだろうか。松澤氏の話を聞きながら、日本の社会のあり方に関係する大きな変化が起きていると実感できた。
 この変化が、「きずな」という言葉がはやった東日本大震災をきっかけに始まったのかどうかはわからない。おそらくは、1990年代のバブル崩壊で社会にまん延した閉塞感を背景に、ゆっくりと準備されてきたマインドの変化なのではないだろうか。」「いま日本の中心で始まったばかりの挑戦が、農業と社会の未来に光をともすのを願ってやまない。」と結んでいます。

【2015年4月10日 日経ビジネス 抜粋】
ニッポン農業生き残りのヒント
これはもう革命と言っていいんじゃないだろうか 東京にネオファーマーズが誕生した!

 東京都福生市にある中華料理店「豊楽園」。JR福生駅から歩いてすぐのところにあるこの店が月に1回、農業を志す若者たちの熱気で沸騰する。

 「農地を借りることが決まりました」「独立して会社をつくります」「農業を通して、日本の文化を守ります」「有機農業やってます」。ジョッキを片手に次々に近況を報告する。

 集まりの名前は、「東京NEO−FARMERS!」。東京で新しく農業を始めた人や就農の準備をしている人、彼らを応援する人たちの集まりだ。すでに約20人が実際に就農した。

 月に1回の会合は、お互いに情報交換したり、意欲を高め合ったりするのが目的だ。有志でマルシェに出店したり、地元のスーパーに常設のコーナーを設けたりと実績もつんできた。

 仕掛け人は、東京都農業会議の松沢龍人さん。「おれも変わってるけど、こいつらも変わってる。変わりもん同士でいいじゃないか」。なぜ東京で就農を目指す若者が増えたのか。都市近郊の農業にどんな可能性があるのか。彼らを支援するために奔走してきた松沢さんに聞いた。

1年に「農業やりたい」104人と面接

−就農希望者はどれくらいいますか。

 「相談はひっきりなしに来るよ。この1年なんて104人と面接した。しかも、こちらから『農業をやってくれ』って頼んだ人はだれもいない。そうではなくて、『農業やりたい』って毎日毎日やって来るんです」

−就農支援はどうやって始めたのですか。

 「東京都は基本的に新規就農はないという考えで行政をやってきた。研修制度が対象にしているのは、既存の農家の後継者。うちが相談を受けても、『ほかの県に行ったら』という対応だった。東京では新たに農業はできないって話になっていた。自分もそう思ってました」

 「そんななか、瑞穂町や日の出町で農家同士で農地の貸し借りをする、いわゆる流動化が始まった。貸していた農地を農業高校から返された農家から、『どうにかならないか』という相談も来るようになった」

 「そして2007年に若い井垣貴洋さん夫婦があらわれた。『どうしても東京で農業をやりたい』って言うから、『ほかの県でやったほうがいいんじゃないの』って言ったら、元気をなくしたように見えた。そこで『落ち込むなよ』って言ったら、『じゃあ、やらせてください』と。これでやらせるしかなくなった」

 「でも、適当に言ったんじゃないですよ。瑞穂町で農地の流動化が始まって、職員もそういうことに慣れてきていたから、やれるんじゃないかと思った。こうして初の新規就農者が誕生した。このとき農地を探してくれた瑞穂町の課長さんは、いまは自ら農家になって大豆をつくってます」
続きは本文で

posted by 農楽人 at 22:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 農で暮らす

2015年03月05日

参加者募集 畑の樂校・オーガニック農業スクール2015年

 埼玉県にあるヤマキ醸造が、有機農業を体験する「畑の樂校」の参加者を募集していますので、ご紹介します。
 4月から12月まで、月2回で参加費は一家族年間20,000円だそうです。なお、最初の1回目の4月5日はお試し参加日で、無料だそうです。有機農業を体験してみたい方は是非どうぞ。

◆場 所:埼玉県児玉郡神川町大字下阿久原955
◆期 間:2015年4月から12月まで
◆回 数:原則月2回  合計17回
◆時 間:10:00から15:00頃
◆参加費:年間20,000円/家族 スポット参加も可 その場合は2000円/家族
◆作業内容:作物の種まきから収穫までの農作業を体験
        ジャガイモ、枝豆、大豆、なす、トマト、きゅうり、ネギなど
◆問合せ:ヤマキ醸造 TEL0274−52−7070

posted by 農楽人 at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス

2015年03月04日

ニューヨーク、究極の地産地消!?

 アメリカ、ニューヨークの都市農業について、おもしろい記事を見つけましたのでご紹介します。
 場所は、ブルックリン地区にあるオーガニックスーパーチェーンのWhole Foods Marketの店舗。なんと、このスーパーの店舗屋上にガラス温室があり、この屋上温室で栽培した野菜(サラダ用)が下の店舗で販売されているというのです。
 
 さすがアメリカ!発想が柔軟で、おもしろい。とりたてだから鮮度も抜群!

 日本でも既存店舗で屋上駐車場の一部をつぶして温室を作れば、すぐにでも始められると思います。農業参入しているイオングループさんなど、ぜひ、検討してください。農地取得するより手っ取り早く農業生産を始められますよ!

 また、都市の中の空き地や駐車場で野菜を栽培するというのも、世界的な流れです。日本でも屋上の貸し農園が増えてきていますが、まだまだ少ないのが現状です。
 そこで、コインパーキングや開発保留地、低利用地などで野菜を作れば、固定資産税を農地並に減免するという制度を作れば、街中いろいろなところにプチ菜園が出現すると思います。そうなれば、このBlogのタイトルのように駅前で農を楽しめるようになるでしょう。
 なにしろ、三大都市圏には生産緑地の面積を上回る2.4万haもの空き地が存在しているわけですから。さらに増加が見込まれるこれら都市の中の空き地を農的に活用するように誘導することが、今後、重要となります。空き地の暫定利用として、農園はもってこいだと思います。

 既存の都市農地は相続などで転用され、一定量の減少は続くでしょうし、やむを得ないことだと思います。もちろんこの減少を少しでも食い止めることは確かに大切です。しかし、それと同じかそれ以上に重要となるのが、現在ある都市の中の空き地を農的空間として活用することです。
 つまり、減少する農地面積より多くの農的利用を創出できれば、希望する誰もが農とふれあえる「農と共生する都市」が実現できるようになります。
 都市農業の政策担当者には、都市農地の保全のみではなく、新たな農的空間の創出へと、従来の発想の枠に縛られずに「守りから攻めへ」積極的な施策の転換を期待します。
posted by 農楽人 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 都市農業

2015年03月01日

都市農地保全シンポジウム「地域で活かす都市農地」の開催(2015年3月3日)

 東京都が都市農地保全シンポジウム「地域で活かす都市農地」を開催するので、ご紹介します。
 新鮮で安全な農産物の生産、災害時の避難場所やヒートアイランドの緩和、潤いと安らぎを提供するなどの役割を果たしている都市農地を地域でどのように守っていくか一緒に考えるシンポジウムだそうです。
 
 でも、せっかくのシンポジウムなのに他県の事例が聞けないのは残念ですね。予算がなかったのでしょうか・・・・・

◆日 時:2015年3月3日(火)13:00〜16:30
◆会 場:たましんRISURUホール・小ホール(立川市市民会館)
◆定 員:200名 事前予約制 参加費無料
◆内 容:基調講演 「市民協働と都市農地の保全」 舩戸修一氏(静岡文化芸術大学講師)
      事例紹介&意見交換
      ・市民参加による水田保全活動(日野市)
      ・農業体験農園を活かした防災訓練(練馬区)
      ・農のアカデミーにおける農業体験(西東京市)
      ・特産小松菜による農商連携とPR(江戸川区)
       コーディネーター:谷澤巌氏(一般財団法人農村開発企画委員会専務理事)
◆問合せ:東京都産業労働局農林水産部農業振興課
       TEL03−5320−4824
posted by 農楽人 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年02月26日

シンポジウム「農山漁村は若者をどう活かすか」の開催(2015年3月10日)

 JC総研が、農山漁村地域へ向かう若者のたちの多様な姿と、若者を受け止め、活かす方法について探るシンポジウム「農山漁村は若者をどう活かすか」を開催しますので、ご紹介します。
 田舎暮らしに関心のある方はどうぞ。

◆日 時:2015年3月10日(火) 13:00〜17:30
◆場 所:明治大学リバティタワー6階 1063教室(東京都千代田区神田駿河台1−1)
◆定 員:200名 事前予約制 参加費無料
◆内 容:基調講演 図司 直也 法政大学准教授
      実践報告1 佐藤 可奈子 かなやんファーム代表(新潟県十日町市)
      実践報告2 岩本 悠 島根県海士町 高校魅力化プロデューサー
      報告1 中塚 雅也 神戸大学准教授
      報告2 佐久間 康富 大阪市立大学講師
      パネルディスカッション コーディネーター 筒井 一伸 鳥取大学准教授
◆問合せ:JC総研 基礎研究部 黒木、小林
       TEL03−6280−7209 e-mail h-kurogi@jc-so-ken.or.jp
posted by 農楽人 at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2015年02月18日

東京都が都市農業特区の創設を提案

 新聞報道等によると、東京都が国家戦略特区の一環として、「都市農業特区」を提案するそうです。

 報道内容等からすると、内容は2つ。
 (1)農地は税制優遇が受けられる生産緑地の面積要件(500平方メートル)を緩和
 (2)生産緑地を貸し付ける場合にも相続税の納税が猶予されるよう規制緩和
 これらの「税制優遇によって農地の保全・流動化を進め、農業を振興する」というものです。また、「目的は、小規模な都市農地の保全や農地の流動化による担い手の確保、そして生産性の向上である。」そうです。

 
 知事が先頭に立って都市農業を振興する東京都の姿勢は評価できます。今までの都知事たちとは雲泥の差です。しかしながら、東京都のホームページには「都市農業特区」について何ら掲載されていないので、税制優遇が「農地の流動化による担い手の確保、生産性の向上」にどのように結びつくのかよくわかりません。

 確かに、生産緑地の面積要件を緩和すれば、小規模な農地に保全の途が開かれることになります。現在、生産緑地に指定されていない農地、いわゆる宅地化農地には2種類があり、農家が指定を受けたくても受けられなかった小規模農地と、売却予定などで農家が自ら指定を受けなかった農地とがあります。すると、要件が緩和された場合、この指定を受けたくても受けられなかった農地が新たに生産緑地指定される可能性はあります。

 しかし、はたしてどれほどが新たな指定を受けるでしょうか。なぜなら、現行の生産緑地制度は平成3年にスタートし、30年間営農することが条件なのです。もうすぐこの30年の期間が到来し、平成33年以降は生産緑地の売却、転用はいつでも可能となります。わざわざ今から30年間売却も転用もできない制度に自ら申請する農家がどのくらいいるでしょうか。
 制度的に面積要件を撤廃する意義はわかりますが、現実的に農地を保全する効果が増すかどうかははなはだ疑問です。東京都は特区申請するなら追加指定の見込みを具体的に示してほしいものです。

 もちろん、生産緑地の面積要件撤廃の効果はゼロではありませんから、是非進めて欲しいですが、私はむしろ、生産緑地と宅地化農地との中間的な制度の創出を提案します。
 それは、宅地化農地でも自治体と農家が農地保全協定を締結した場合、固定資産税を減免するという制度です。もし、これから10年間、農地として使用することを農家に約束してもらえれば、宅地化農地の減少をある程度食い止めることが可能となるでしょう。
 なぜなら、これから10年間で大都市圏でも高齢化、人口減少が進行し、空き家の増加、宅地需要の減退が想定されているからです。10年間農地転用を引き延ばすことができれば、その時には社会が大幅に変化し、今より一層、都市に農的な空間が求められていることでしょう。

 さて、今回の特区申請で最も不思議なことは、いったい東京都はどのような都市農業を目指しているのかさっぱりわからないということです。
 舛添氏の「東京は都市農業が盛んで色々な生産物があるが、農地を自由に使えるようにしないと規模の拡大はできない」や「目的は、小規模な都市農地の保全や農地の流動化による担い手の確保、そして生産性の向上である。」からは、効率的に農産物を生産する場としての農地という認識しか読み取れません。私は、生産性や収益性など経済の論理から都市農業が解き放されることで、都市の中でこそ実感できる農のめぐみや豊かさという新しい価値を見いだすことができると考えています。

 しかしながら、今回の特区提案の報道等からは、残念ながら、東京都が理想としている都市農業とはどういうものなのかという一番大切なメッセージが何も伝わってこないのです。

 世界一(舛添氏に好きなフレーズ)の農的な都市空間を東京で創造するために、今ある制度に不備があるから特区提案をします、というのが筋だと思います。東京都の政策担当者も当然そんなことはわかっていて、税制優遇さえできれば農地が保全され、農的都市になるという短絡的なことは考えていないでしょう。
 今後、東京都から都市農業特区の詳細が発表されるでしょうから、どんな世界一が出てくるのか楽しみにしています。

【2015年2月14日 日本経済新聞】
 東京都の舛添要一知事は13日、石破茂地方創生相と会談し、国家戦略特区の一環として「多摩地域を都市農業特区にしたい」と提案した。税制優遇によって農地の保全・流動化を進め、農業を振興する。舛添知事は会談後、記者団に「東京は都市農業が盛んで色々な生産物があるが、農地を自由に使えるようにしないと規模の拡大はできない」と述べた。
 現行の法令では500平方メートル未満の市街化区域の農地は税制優遇が受けられる生産緑地に指定できない。特区で面積要件を緩和できるよう要望する。
 生産緑地の相続税猶予も相続人自らが農業を営むことが条件となっているのを改め、土地を貸し付ける場合などにも適用するよう求める。
 今後、都は多摩地域の市町村と連携し、特区の実現を目指す。国、自治体、企業が特区の具体的な事業を話し合う区域会議で今年度中にも正式に提案する。
 都内では港区や千代田区など9区が特区にすでに指定済み。石破地方創生相は会談で「できれば東京全体を指定地域として、東京全体が発展するような役割を果たして頂きたい」と述べた。


【舛添都知事日記 2015年2月17日 現代ビジネス 抜粋】
 2月13日(金)には、石破大臣と会談し、地方創生と国家戦略特区について議論した。「国と地方」という図式で見れば、東京も一つの地方であり、国とは立場が異なる面があるのは当然である。
 一部の論者は、強い東京のせいで地方が弱体化しているかのように言うが、それは間違っており、東京も地方も、ともにWin-Winの関係で競争的共存を図るべきである。東京は、世界を舞台に熾烈な都市間競争を戦っており、首都として日本国を牽引していかなければならない。そのような中で、たとえば税制上の優遇措置で人口を東京から地方へ移すという施策が有効であるかどうか、疑問である。
 石破大臣には、以上のような主張を、率直に展開した。大臣もまた、「高齢者になる前に地方に移住し、新しいコミュニティを創る」という斬新な発想を述べてくれた。
 国家戦略特区については、東京都は、当初の9区に加えて、12区が特区提案を済ませている。それに加えて、多摩地域や区部を「都市農業特区」にして、東京の農業振興を図りたいという提案をした。目的は、小規模な都市農地の保全や農地の流動化による担い手の確保、そして生産性の向上である。都内の農地の6割は市街化区域内にあるが、そのため500平方メートル未満の農地は生産緑地と認められていない。
 そこで、宅地並みに課税されることになってしまう。また、生産緑地は相続人が農業を続ければ相続税が猶予されるが、他人に貸すと課税対象となる。そこで、農地が売られてしまうのである。これらの問題に対処するために、特区では、500平方メートル未満でも生産緑地と認定されるようにしたいし、生産緑地を他人の農業従事者に貸しても相続税猶予が可能なようにしたい。このような規制緩和によって、東京の都市農業を活性化し、担い手を増やしていくことが可能となると考えている。
 この都市農業特区については、次期の区域会議で提案したいので、石破大臣にはその旨を伝え、日程調整がつき次第、開催することの同意を得た。東京都と国が、協力して良い政策を推進すれば、それは都民のみならず、国民全体を裨益することになる。塩崎大臣にしろ、石破大臣にしろ、国政の場で培ってきた友人関係が、国と都の調整に役に立っているのは嬉しいかぎりである。

posted by 農楽人 at 20:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | トピックス

2015年02月16日

農林水産省 都市での福祉農園開設に支援。対象者を公募

 農林水産省が平成27年度の都市農業に関する補助事業の対象者を公募していますので、紹介します。なお、締め切りは2015年2月20日です。
 
 今回募集しているのは、都市農業でも特に福祉農園の開設に関するものです。
公募事業は2種類で、一つは、人材育成として、福祉施設等の職員が農業技術を習得する経費、農業者が障害者や高齢者等の対応知識を習得する経費などで、上限額は150万円です。
 2つめは、福祉農園を整備する経費で、農園のみでなく加工施設や農園レストランなどの付帯施設も対象となり、補助金の上限額は1000万円です。

 農林水産省の事業対象は福祉農園となっていますが、障害者の就労・雇用を目的とする農園はもちろん、高齢者の生きがい農園、リハビリ農園等の福祉・介護農園も含まれます。

 超高齢社会となった日本では、高齢者の健康を維持が重要な課題となります。その意味で農作業は自分のペースでできるので、高齢者にピッタリです。そして、都市では、今後、高齢者が急激に増加していくことになります。介護・機能維持型の福祉農園は都市部で需要が高まることが予想されます。
 農林水産省もこのような状況を考慮して、補助事業を公募したのではないかと推測できます。
ビジネスとして考えてみれば、子供が減っているので学童農園より介護福祉農園の方がビジネス展開の可能性が高いとも言えます。

公募事業 その1
◆事業名:平成27年度都市農業機能発揮対策事業(福祉農園地域支援事業
◆内 容:福祉農園の普及モデルの創出と、その普及活動を推進するため、(1)農業分野と福祉分野の双方について専門的な知見を有する職員の育成、(2)地域に福祉農園を普及するための活動を支援。

公募事業 その2
◆事業名:平成27年度都市農業機能発揮対策事業(都市農業機能発揮整備事業
◆内 容:障害者の就労・雇用を目的とする農園、高齢者の生きがい農園、リハビリ農園等の福祉・介護農園及び附帯施設(休憩所、トイレ、農機具収納庫、給排水施設、ゴミ置き場、駐車場等)及び福祉農園で生産された農産物を事業主体が経営する福祉農園で生産する農加工・販売する施設産物を加工又は販売(調理し飲食に供することを含む)する施設

◆問合せ:詳細は農林水産省 農村振興局 農村政策部 都市農村交流課 都市農業室
TEL03−3502−0033
posted by 農楽人 at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス

2015年02月15日

千歳台体験農園 <農業体験農園>

園 名:千歳台体験農園
園 主:塩野 大保
所在地:東京都世田谷区千歳台4−4
連絡先:03−3411−6658(世田谷区都市農地課)
区画数:42区画
料 金:年額45,000円(入園料、収穫物代を含む)
講習日:主に土、日曜日
休園時期:2月
駐車場:
コメント:

東六月町体験農園プチテラス <農業体験農園>

園 名:東六月町体験農園プチテラス
園 主:NPO法人 足立花と緑の会
所在地:東京都足立区東六月町8
連絡先:03−5681−8355(NPO法人 足立花と緑の会 担当:和田・村上)
区画数:25区画(24u)
料 金:年額36,000円(耕作地の土づくり、農具の購入維持費、指導者謝礼金、種苗代や施設維持管理費を含む)
講習日:
休園時期:
駐車場:なし
コメント:

2015年02月12日

羽根木体験農園 <農業体験農園>

園 名:羽根木体験農園
園 主:山田 昌史
所在地:東京都世田谷区代田4−32
連絡先:03−3411−6658(世田谷区都市農地課)
区画数:14区画
料 金:年額45,000円(入園料、収穫物代を含む)
講習日:主に土
休園時期:2月
駐車場:
コメント: