2009年08月25日

SOSを発する遺伝子操作トウモロコシ??

 ナショナルジオグラフィックのサイトに記事が載っていました。
なんと、害虫が来るとSOSを発するように遺伝子を操作したトウモロコシができたそうです。

 天敵を利用して病害虫を防除するするというのは、農薬に頼らない点から環境への負荷を低減できると言えますが、一方、その技術を遺伝子組み換えで実現するというのは、新たな環境負荷を引き起こす可能性があると思われます。
 
 「目的のためには手段を選ばない」というのはちょっと受け入れがたいな〜。
みなさんはどう思いますか?

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト「SOSを発する遺伝子操作トウモロコシ」
タグ:遺伝子 GM
posted by 農楽人 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。