2010年08月12日

農業回帰への自然な風

 成長や発展は無条件に善であるという発想は、20世紀的なものなのでしょうか。成長、発展するには成長する余地が外部にある必要がありますが、も地球というキャパシティが限られている以上、もはや限界があります。低成長時代となる21世紀は、より良く生きるという質の時代となり、「外へ」から「内へ」ということなのでしょうか。

posted by 農楽人 at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。