2010年08月18日

東京都内の世田谷で果物狩りを満喫する!(2010年版)

 猛暑日が続き、秋はまだまだのような気がしますが、もう果物狩りが体験できますよ。
 しかも、都心からすぐの東京の世田谷区で!
 対象は、ブドウ、ブルーベリー、プルーン、ナシにリンゴの5種類。
 それぞれの農園巡りをすれば、いっぺんにぶどう狩り、ブルーベリー狩り、なし狩り、りんご狩り、プルーン狩りの5種類全部が体験ができるかも。
 電車や車で移動しているだけでは気が付きませんが、世田谷区には、いかにも都市の中の農業という感じで、農地が残っています。そんな農地で農業が営まれていますが、都市に立地するという都市農業のメリットを生かすため、農産物を販売するだけでなく、消費者に直接、収穫してもらう体験も付加することで収益を上げ、生き残ろうとしています。
 もちろん、農業体験をとおして都市農業への理解を深めてもらう目的もあります。
 もう、夏休みも終わりなので、親子で収穫体験に参加というのはいかがでしょうか。
 でも、都心近くで味覚狩りができるとあって、人気が高く、だいたい1日か2日でなくなります。行くのならお早めに!


<ブドウ狩り>
◆日 時:2010年8月21日(土)、22日(日)
◆場 所:世田谷ブドウ研究会 会員農家(会員一覧はこちら
◆料 金:1kg 1,500円程度
◆備 考:詳細は世田谷ブドウ研究会まで

<ナシとリンゴ狩り>

◆日 時:2010年8月22日(日)、29日(日) 10時〜15時
◆場 所:内海果樹園(東京都世田谷区千歳台4−10)
◆内 容:リンゴ(つがる・さんさ)、ナシ(幸水)のもぎとり
◆料 金:1kg 1,000円

<プルーン狩り>

◆場 所:鈴木農園(東京都世田谷区中町2−16)
◆日 時:2010年8月22日(日) 9時〜15時
◆料 金:100g 100円

◆場 所:森田農園(東京都世田谷区上用賀3−4)
◆日 時:2010年8月21日(土)、28日(土) 9時〜15時
◆料 金:100g 100円

<ブルーベリー狩り>
◆場 所:宍戸農園(東京都世田谷区給田3−8)
◆日 時:2010年8月22日(日)、26日(木)、29日(日)
◆料 金:100g 250円

※いずれも当日直接会場へ。なくなり次第終了。
※駐車場なし。車では来園できません。
※問い合わせ:世田谷区役所都市農業課
        TEL03−5432−3333

2008年11月30日

東京都内でみかん狩り(武蔵村山市)

 良いお天気に誘われて、みかん狩りに行ってきました。
場所は東京都内の武蔵村山市。狭山丘陵の南斜面にみかん畑があり、6〜7軒でみかん狩りを楽しめます。 
 今回、お世話になったのは内野園さん(東京都武蔵村山市中藤五丁目83番地の1 TEL042−561−3306)。
青梅街道沿いに行くと、住宅街の中にみかん狩りの看板が。気を付けていないと見過ごしてしまうのでご注意を。細い道を入るとありました。駐車場はほぼ満車状態。

 入場料1人300円を払って園内に。入口でおじさんに「みかんはもうあんまり残ってないよ。」と言われて傾斜地を登っていくと、雑木林に囲まれてみかん畑が広がっていました。
 緑の木の中で橙色のみかんが日差しを浴びて光っていました。確かに、農家のおじさんの言うとおり、取りやすいところのみかんは無くなっていましたが、低い場所や、木の中側にはまだまだたくさんありました。大きさはチョット小振りだけど。
 食べ放題ですので、早速食べてみると、「おいしい!」。「みかんは暖かいところの果物だから、東京都内でできるみかんは酸っぱいのでは?」と勝手に思いこんでいましたが、そんなことはありませんでした。甘みと酸味のバランスが良く、スーパーのみかんよりずっと美味しいですよ。また、皮も薄くて食べやすいです。

 どの木が一番美味しいか、食べながら園内をうろうろ。南斜面なのでお日様が当たってぽかぽかして、とても気持ちが良く、お土産用のみかんは子供にまかせて、のんびりみかんを味わうことにしました。
 みかん畑を見上げると、みかんの木とその奥に雑木林、そして青空だけしか見えないので、ここが東京都内とは思えない景色です。でも、振り返って下を見ると、住宅街がすぐそばまで広がっていて、その対比がなんともおもしろい。

 最後に、お土産用に取ったみかんを帰りに受付で量ると6kg。1kg300円を支払ってお持ち帰り。料金も良心的で家族みんな大満足でした。
 なお、11月上旬から開園し、みかんが無くなりしだい閉園するそうです。今年はそろそろ終わりだそうで、次の週末(12月6日、7日)まで開園しているかどうかは分からないとのことです。
 もしお出かけになるなら、みかん狩りができるか確認した上でどうぞ。

2008年10月14日

世田谷区の観光果樹園 <観光農園>

 東京都内、しかも23区内でりんご狩りが出来る農園です。
場所は世田谷区にあります。
遠くにわざわざ出かけなくても、東京都内でりんご狩りをして採れたてのりんごを味わえます。
いろいろな品種があるので食べ比べるのもおもしろいです。

 なお、東京都内なのでそれほど広くありませんから、りんご狩り体験ができるのは日曜日だけですので、ご注意下さい。
また、りんごの生育状況により出来ない場合もありますので、必ず事前に確認してからお出かけ下さい。

内海果樹園
◆所在地:東京都世田谷区千歳台4−10
 

高橋果樹園
◆所在地:東京都世田谷区八幡山2−13

共通事項
◆開園時期:10月5日(日)〜26日(日)まで 日曜日のみ開園  10時から15時まで
◆料 金:もぎとり1000円/kg
◆連絡先:世田谷区都市農地課 または せたがやコール Tel03−5433−3333
◆その他:駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい

高橋果樹園 <観光農園・りんご狩り>

◆農園名:高橋果樹園
◆所在地:東京都世田谷区八幡山2−13
◆収穫作物:りんご
◆料 金:もぎとり1000円/kg
◆開園時期:りんご狩り 9月下旬〜11月まで 日曜日のみ開園
       午前10時から午後3時まで
◆連絡先:せたがやコール Tel03−5433−3333
◆その他:駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい。東京都内で都心から近い  りんご園です。りんごの生育状況によりりんご狩りができない場合がありますので、必ず事前に連絡してください。

内海果樹園 <観光農園・りんご狩り>

◆農園名:内海果樹園
◆所在地:東京都世田谷区千歳台4−10
◆収穫作物:梨、りんご
◆料 金:もぎとり1000円/kg
◆開園時期:りんご狩り 9月下旬〜11月まで 日曜日のみ開園
       午前10時から午後3時まで
◆連絡先:Tel03−3482−9157
◆その他:東京都内で都心から近いりんご園です。りんごの生育状況によりりんご狩りができない場合がありますので、必ず事前に連絡してください。駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい。

2008年10月01日

八王子陣馬りんご生産組合 <観光農園>

 東京都八王子市にある「夕焼け小焼け」の歌が生まれた山として有名な陣馬山の麓の観光りんご園です。
陣馬街道沿いに3軒の農園が点在しています。

◆所在地:東京都八王子市上恩方地区周辺
◆交 通:JR・京王線高尾駅よりバス20分、
       車は中央自動車道八王子ICより陣馬方面12km
◆開園時期:9月中旬〜11月下旬まで
       品種「千秋」(9月中旬から)
       品種「紅月」(9月下旬から)
       品種「陽光」(10月中旬から)
       品種「群馬名月」「新世界」(10月末から)
       品種「ハイランドふじ」(11月上旬から中旬)
       品種「ふじ」 (11月上旬から下旬)
◆料 金:入園料100円、もぎとり500円/kg
◆連絡先:陣馬りんご生産組合  組合長中村貞夫 TEL042−651−4071

2008年09月30日

東京都内でりんご狩りを楽しむ

 果物のおいしい季節となりました。
そこで、天気もいいし、果物狩りに出かけたい!でも遠くに出かけるのはチョットなあ〜 という方、大丈夫。都内でもりんご狩りができるんですよ。 
 そこで、東京都内でりんご狩りを体験できるスポットをご紹介します。一番身近なところでは、なんと区内、世田谷区でりんご狩りができます。
 さらに多摩地域では、里山の風景が残る日野市倉沢や陣馬山の麓までシチュエーションに応じて、都市から身近なところでも秋の行楽、果物狩りを満喫できます。
 東京にもこんなすてきなところがあるんだ〜と、感激すると思います。
 子供にとって、りんご狩りのような農業体験の入門編から始めるのがベター。りんご園に行かないとどんな風にりんごができるのか分からないですから。でも、実際りんご狩りを体験すると、子供だけでなく、お父さんお母さんもはまりますよ。
 また、買ってきたりんごと違って自分で採ったりんごの味は格別です。もぎたてのりんごはシャキシャキして美味しい!

世田谷区観光農園
開園日:10月5日(日)〜26日(日)まで 日曜日のみ開園 10時から15時まで
料 金:もぎとり1000円/kg
その他:駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用下さい

日野市りんご生産組合>
開園日:10月4日(土)から 毎週土、日
料 金:入園料無料、もぎとり500円/kg
作 柄:色づき(赤み)はもう少しという感じでしたが、お味のほうはおいしく仕上がっています。(味見しました)

八王子陣馬りんご生産組合
開園日:9月下旬から11月下旬まで
料 金:入園料100円、もぎとり500円/kg

日野市りんご生産組合<観光農園>

 東京都日野市百草倉沢地区にある観光りんご園です。
東京都心の新宿から京王線で25分、聖蹟桜ヶ丘駅からバスで10分ほどの近さ。
里山の風景が今も色濃く残っていて、「都心からこんなに近いところに」と驚くほどです。
 りんご狩りは5軒の農家で楽しめます。

◆場 所:東京都日野市百草倉沢地区
◆交 通:京王線聖蹟桜ヶ丘駅もしくは高幡不動駅よりバス三沢台路線(聖蹟桜ヶ丘駅〜高幡
      不動駅)倉沢バス停下車、
      車は聖蹟桜ヶ丘より野猿街道、百草団地方面約10分 のぼり旗が目印
◆開園時期:10月上旬〜11月中旬までの土曜、日曜、祝日
       品種「陽光」(10月上旬〜中旬)
       品種「ふじ」(11月上旬〜中旬)
       ※売り切れ次第終了
◆料 金:入園料無料、もぎとり500円/kg
◆連絡先:日野市りんご生産組合
      (石坂TEL080−1262−9028、増嶋TEL080−5096−1727いずれも午後7時〜9時)

東京都内でりんご狩りを楽しむ

 果物のおいしい季節となりました。そこで、天気もいいし、果物狩りに出かけたい!でも遠くに出かけるのはチョットなあ〜 という方、大丈夫。東京都内でも出来るんですよ。 
 そこで、東京都内のりんご狩りスポットをご紹介します。
 都市から身近なところでも秋の行楽を満喫できます。

日野市りんご生産組合>
開園日:10月4日(土)から 毎週土、日
料 金:入園料無料、もぎとり500円/kg
作 柄:色づき(赤み)はもう少しという感じでしたが、お味のほうはおいしく仕上がっています。(味見しました)

八王子陣馬りんご生産組合

2008年03月28日

横浜市舞岡ふるさと村で竹の子堀り

 すっかり春めいてきました。春の楽しみといえば、竹の子掘り。
ということで、横浜市にある舞岡ふるさと村では竹の子掘りが楽しめます。掘った竹の子は買い取りですが、家族で掘って竹の子ご飯にすれば格別。皮のまま蒸し焼きも美味しいですよ。
 なお、予約制ですので、事前に連絡してから出かけてください。竹の子の出具合はお天気次第ですから・・・・・
 また、4月19日(土)、20日(日)は竹の子祭りも開催されます。

◆期 間:2008年4月5日〜30日まで 火曜日は定休
◆入園料:大人200円、小人100円 竹の子800円/kg
◆問合せ:JA横浜舞岡支店 TEL045−822−1134
      総合案内所 虹の家 TEL045−826−0700

2007年08月03日

ブルーベリーの摘み取り

 7月下旬から旬と言うことで、ブルーベリーの摘み取りに行ってきました。今年は梅雨明けが遅れていたので、味はどうかな?と思ってましたが、ブルーベリーには関係ないようで、むしろ甘く、大粒のがたくさんなっていました。
 農家の方の話によると例年より熟すのが早く、もう最盛期だそうです。確かに、黒く熟している果実はさわるだけでポロポロと手の上に落ちてきます。どれも甘くて美味しい!簡単に採れるので、ついつい採りすぎてしまった。
 昨年ご紹介したとおり、高原に行かなくても、東京近郊で楽しめますので、夏休み、子供と一緒に出かけてみてはいかがですか。(昨年のblog参照
 ちなみに、私は、ついでにカブトムシまで捕ってしまいました。

◆ブルーベリーの関連サイトのご紹介
 日本ブルーベリー協会:http://www16.ocn.ne.jp/~jba/
 東京近郊でブルーベリー狩りをしよう:
http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/diary/blueberry.htm
 小平市:http://www.city.kodaira.tokyo.jp/new/natu_event.html
 日野市観光協会:
http://www.shinsenhino.com/arcs/0000_news/000268.php
 東京農業WEBサイト:
http://www.tokyonogyo.jp/index.asp?mode=subcategory&ctg=1&subctg=7

2006年12月04日

東京都内でみかん狩り

 昨日(3日)、伊豆の宇佐見でみかん狩りをしました。
お世話になったのは濱静園さん。料金は、「食べ放題&お土産付き」で800円。
 海の見える高台で、お日様を浴びてのみかん狩りは最高でした。子供も大喜び!
どの木が美味しいかと食べながら探しているうちにずいぶん食べてしまいました。
やっぱり小さめのほうが美味しいですね。

 ところで、伊豆まで行くのは大変という方、東京でもみかん狩りが出来ますよ。
場所は武蔵村山市で、狭山丘陵の南側です。西武線東大和駅かモノレール上北台駅が最寄り駅ですが、駅からはチョット不便。
詳しいアクセスは各園に確認してから出かけて下さい。

◆開園時期:11月上旬から12月上旬
◆料 金:1人300円 園内食べ放題
◆連絡先:
  内武園  TEL042−562−0349
  内野園  TEL042−561−3306
  内野園  TEL042−562−0837
  小林農園 TEL042−561−3305
  鈴木園  TEL042−561−4339
  高橋園  TEL042−561−0962
  大背戸園 TEL042−561−2846
  下田園  TEL042−560−3508

2006年07月21日

旬を迎えるブルーベリーの摘み取り

 ブログのやりすぎで、視力の低下を感じる今日この頃です。ついに老眼が始まった!?これは大変!「目に効く」と言われているブルーベリーを食べて予防しなくては・・・
 さて、ブルーベリーと言えば、高原の果物というイメージがあるかと思います。日本ブルーベリー協会の資料によると、確かに栽培面積では、第1位が長野県(88ha)、次は群馬県(82ha)とダントツですが、埼玉県(50ha)が3位、東京都(20ha)が8位と実は東京近郊でもたくさん栽培されています。
 しかもなんと、東京都小平市が「日本のブルーベリー栽培発祥の地」なんだそうです。ご存じでしたか?(東京都内の栽培状況はこちらを参照
 東京などでブルーベリーが多く栽培されるようになったのは、それなりの理由があります。ブルーベリーは、栽培が容易で、栽培管理にはそれほど労力がかかりません。しかも、まだまだ生果では珍しく、価格も高めです。最近は健康にも良いと言われ、人気があります。
 しかしながら、通常の販売ルート(青果店やスーパーでの販売)に乗せるとなると、収穫・選別・出荷作業に非常に多くの手間がかかります。何しろ、一粒、一粒、手で収穫し、パックに詰めるのですから。
 そこで、東京などの都市近郊でのブルーベリー栽培は「摘み取り園」形式がほとんどとなります。摘み取り園なら栽培する上で最も大変な作業である収穫をお客さんにしてもらえるわけです。しかも喜んで。
 農家は手が省け、お客さんは収穫を楽しみながら、新鮮なブルーベリーを手に入れられます。どちらにとってもメリットが大きいのです。こういう理由で、近年、栽培が増加しているのです。
 ブルーベリーの摘み取りが出来るのは、だいたい7月初旬から8月末ごろまでです。早生の品種は味がイマイチなので7月末か8月に入ってからがお薦め。特に今年は曇天が続いているので、甘みが足りなく酸っぱいかもしれません。お天気が続くまで待ってから出かけても遅くないと思います。
 なお、料金は、100gで200円〜250円ぐらいです。
詳細は次のサイトで確認して、それぞれにお問い合わせ下さい。事前に連絡してからお出かけになることをお薦めします。

◆ブルーベリーの関連サイトのご紹介
 日本ブルーベリー協会:http://www16.ocn.ne.jp/~jba/
 東京近郊でブルーベリー狩りをしよう:http://www.hat.hi-ho.ne.jp/heart_thoughts/diary/blueberry.htm
 小平市:http://www.city.kodaira.tokyo.jp/new/natu_event.html
 日野市観光協会:http://www.shinsenhino.com/arcs/0000_news/000268.php
 東京農業WEBサイト:http://www.tokyonogyo.jp/index.asp?mode=subcategory&ctg=1&subctg=7