2007年02月01日

「有機農業入門講座2007〜とことんきこう!就農について」の開催(2007年2月18日)

 日本有機農業研究会の青年部が主催する有機農業入門講座が開催されますので、ご紹介します。
 有機農業を始めたい方が対象で、新規就農した若い生産者から「就農」について直接話が聞ける良い機会です。
◆日 時:2007年2月18日(日) 13:00〜16:30
◆会 場:國學院大學 渋谷キャンパス120周年記念2号館 2101教室
     (東京都渋谷区東4−10−28)
◆内 容:フリートーク「とことんきこう!就農について」
      司会 井上 昌代氏(神奈川県 就農6年目)
     パネリスト
      井波 希野氏(山梨県北杜市 就農4年目)
      田中 庸介氏(茨城県石岡市 就農7年目)
      山本 茂晴氏(千葉県千葉市 就農5年目)
     *終了後有機野菜を使用した懇親会あり
◆参加費:1800円(別途懇親会費)
◆問い合わせ:日本有機農業研究会事務局 TEL03−3818−3078

<有機農業に関する参考図書>

posted by 農楽人 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2007年01月28日

かわさき農業フォーラム「みんなで耕すかわさきの農業」の開催(2007年2月1日)

 生産者と消費者とが協働する都市農業をテーマに川崎市でフォーラムが開催されますので、ご紹介します。
 参加者には、川崎産の野菜付きです。
==================================================
かわさき農業フォーラム「みんなで耕すかわさきの農業〜農業参加とは〜」
◆日 時:2007年2月1日(木) 14:00〜16:00
◆会 場:川崎市高津市民館 大会議室(川崎市高津区溝口1−4−1 ノクティ2 12階)
◆内 容:基調講演
    「みんなで耕すかわさきの農業」〜生産者と消費者の新たな協働をめざして〜
     村山元展 氏(高崎経済大学 教授)
     パネルディスカッション
      コーディネーター  村山元展 氏
      パネリスト
       木下 順一 氏(多摩区野菜生産者)
       高桑 正光 氏(麻生区果樹生産者)
       三平 まさ子 氏(多摩区果樹生産者)
       相澤 淑子 氏(多摩川ナシ栽培支援講座受講生)
       阿部  孝夫  (川崎市長)
◆定 員:先着100名
◆問い合わせ:川崎市経済局農業振興センター農業振興課
        TEL044−860−2462
posted by 農楽人 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2007年01月25日

「農業やってみませんか!セミナー」の開催(2007年2月9日)

 20代〜30代の若年層を対象に、農業は始めるためのノウハウを伝授するセミナー「農業やってみませんか!セミナー」が開催されますので、ご紹介します。農地の確保や就農先探し、農業をやって良かったこと、苦労したことなどの体験談を就農した人から直接聞けます。これから就農しようかと考えている方はぜひどうぞ。
 でも、今働いている人には、ちょっと参加しにくい時間帯ですよね。以前(昨年11月開催)のように土曜日だったらと思いますが・・・・・

◆日 時:2007年2月9日(金)16:30〜18:30
◆会 場:東京しごとセンター 5階 第2セミナー室
       (千代田区飯田橋3−10−3)
◆内 容:1)農業法人関係者による講演
        講師 井尻 弘 氏 ((株)生産者連合デコポン代表)
           根岸 愛 氏((株)みずほ勤務)
      2)若者の農業就業支援策について
        講師 : 田中 健一 氏(農林水産省経営局普及・女性課)
◆定 員:先着50名(事前予約制)
◆対 象:おおむね40歳までで就農に関心をお持ちの方
◆参加費:無料
◆問い合わせ:東京しごとセンター 総合相談係
        TEL03−5211−1571

<新規就農に関する参考図書>

タグ:新規就農
posted by 農楽人 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2007年01月24日

「全国合鴨フォーラム茨城大会」の開催(2007年2月3日)

 田んぼでお米(稲)と一緒に合鴨も育てて、無農薬栽培を行うという合鴨農法。国内ばかりでなく、アジアの米づくりにも影響を及ぼしています。
 この合鴨農法の関係者が集まる全国大会が茨城県で開催されますので、ご紹介します。
==================================================
第17回全国合鴨フォーラム茨城大会〜合鴨に期待する食の安全〜
◆日 時:2007年2月3日(土) 9:30〜17:10
◆場 所:つくば国際会議場(エポカルポつくば)
◆内 容:・記念講演
     「有機農業の仲の合鴨農法仮題)」
       中島紀一(茨城大学教授・日本有機農業学会会長)
     ・基調講演
     「茨城における合鴨水稲作の取り組み(仮題)」
       中川行夫(コスモ塾。茨城県築西市)
     ・講演1 農的世界と合鴨農法
       徳野貞雄(熊本大学)
     ・講演2 合鴨水稲における直播栽培(仮題)
       荒毛正浩(熊本県人吉市)、古野隆雄(全国合鴨水稲会世話人)
     ・講演3 東南アジアにおける合鴨農法(仮題)
       伊能まゆ(日本国際ボランティアセンター/ベトナム駐在)
     ・講演4 合鴨と市民活動〜茨城アイガモ水田トラストの活動
       平野清子(市民の大豆食品勉強会)
     ・講演5 スローフードと有機農法
       島村奈津(ノンフィクション作家)
     ・全体討議
◆参加費:3,000円、懇親会5,000円
◆問い合わせ:中央農業総合研究センター フィールドモニタリング研究チーム
       第17回全国合鴨フォーラム茨城大会実行委員会事務局 林 孝
       TEL029−838−8986

<合鴨農法に関する参考図書>

posted by 農楽人 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2007年01月16日

「フードマイレージと地産地消・食育」学習会の開催(2007年1月26日)

 フードマイレージに関する学習会が開催されますので、ご紹介します。
フードマイレージとは、生産地から食卓までの距離が短い方が食料の輸送に伴う環境負荷が少ないという考え方で、地産地消を進める上での具体的な指標となるものです。
 フードマイレージについて詳しく知りたい方はフードマイレージ・キャンペーンのホームページを参照して下さい。
===========================================
◆名 称:第75回学習会「フードマイレージと地産地消・食育」
◆日 時:2007年1月26日(金)14:00〜16:30
◆会 場:JAビル 8階全中大会議室(東京都千代田区大手町1−8−3)
◆講 師:九州農政局 消費安全部消費生活課長 中田 哲也 氏
◆参加費:無料
◆問い合わせ:食料・農林漁業・環境フォーラム 事務局(JA全中農政課)
        TEL03−3245−7516
posted by 農楽人 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年12月20日

千葉県フラワーフェスティバルの開催(2007年1月10日〜15日)

 1月〜2月は花のイベントが多い時期です。
 新年の皮切り、千葉県の花の祭典が開催されますので、ご紹介します。千葉の花の品評会の展示(約600点)や、園芸教室、フラワー教室・アレンジメント実演などが行われます。
 また、最終日の15日は展示即売会があります。
◆会 期:2007年1月10日(水)〜15日(月)
◆会 場:三越千葉店 8階催物会場(千葉県中央区富士見2-6-1)
◆問い合わせ:千葉県農林水産部生産振興課園芸振興室  
         TEL043−223−2873
posted by 農楽人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年12月10日

シンポジウム「農と食で地域を元気に」の開催(2006年12月21日)

 都市と農山漁村の交流をテーマにしたシンポジウム「農と食で地域を元気に」が毎日新聞社主催で開催されますので、ご紹介します。
◆日 時:2006年12月21日 13時〜16時30分
◆会 場:如水会館(東京都千代田区一ッ橋2−1−1)
◆内 容:グリーンツーリズム大賞2006の表彰式
     討論
      榊原英資氏(早稲田大学教授)、加藤一郎氏(JA全農専務)、
      徳岡邦夫氏(京都吉兆嵐山本店総料理長)
    パネルディスカッション
     金丸弘美氏(食環境ジャーナリスト)、本田節氏(農家レストラン「ひまわり亭」代表)
◆参加費:無料(事前申込みが必要)
◆問い合わせ:毎日新聞社 TEL03−3212−2272

続きを読む
posted by 農楽人 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年12月07日

地産地消国際シンポジウムの開催(2007年1月11日)

 地域で採れたものをその地域で食べる「地産地消」は、世界各地でも同様な取り組みがなされています。
 代表的な取り組みには、アメリカの「CSA(コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャーの略、地域で支える農業の意)」、イタリアの「スローフード」、韓国の「身土不二」があります。
 新年に、各国の関係者を招いて「地産地消国際シンポジウム」が開催されますので、ご紹介します。日本側のメンバーには少し?を感じますが、他国の取り組みを知るには良い機会と思います。
 なお、同時通訳付きですから、言葉に自信のない私も安心して参加できます。

地産地消国際シンポジウム「豊かな食文化の再発見 〜地産地消の新たな展開を求めて〜 」 
◆日 時:2007年1月11日(木) 10時〜16時30分
◆会 場:国立オリンピック記念青少年総合センター 「カルチャー棟 大ホール」
     (東京都渋谷区代々木)
◆内 容:基調講演
     ・アメリカ合衆国における「地域支援型農業(CSA)」 ジュディス・レッドモンド氏
      (米国カリフォルニア州CSA農場経営者、農家とともに支える地域社会同盟会長)
     ・イタリアを拠点とする「スローフード」運動 パオロ・ディ・クローチェ氏
      (スローフード協会本部 国際部長)
     ・韓国における「身土不二」運動及びこれに続く「農村を愛する」運動 ヒョン・イソン氏
      (元韓国農協中央会代表理事、元韓国農民新聞社社長)
      ディスカッション
       コーディネーター 中村靖彦氏(東京農業大学客員教授、農政ジャーナリスト)
      パネリスト
       弓削忠生氏(酪農家・乳製品加工販売・レストラン経営・酪農教育ファーム)
       茂呂まゆみ氏(消費者、ふーどアクション21事務局)
       神木良和氏(株式会社東急ストア商品本部青果部長)
       宮内好美氏(群馬県川場村田園整備課長)
◆参加費:無料(事前申込みが必要 12月20日まで)
◆問い合わせ:社団法人国際農業者交流協会 情報交流課 TEL03−5703−0253
posted by 農楽人 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年12月05日

日本有機農業研究会シンポジウム「農業・農村の未来と有機農業」の開催(2006年12月10日)

 有機農業推進法がこの国会で成立の見通しです。また、日本有機農業研究会が結成して35年がたちました。そこで、これを機会に、有機農業を見つめ直すシンポジウム「農業・農村の未来と有機農業」が開催されますので、ご紹介します。
◆日 時:2006年12月10日(日) 13時30分〜17時
◆会 場:国学院大学120周年記念2号館2101教室
     (東京都渋谷区東4−10−28)
◆内 容:基調講演「農業をめぐる現状と有機農業運動」
     中屋敷 宏氏(弘前大学名誉教授、青森県有機農業研究会幹事、日本有機農
        業研究会幹事)
     パネル・ディスカッション「農の原点を確かめ、これからの有機農業を考える」
     パネラー
      ・星 寛治氏(有機農業・詩人・評論家、元高畠町教育委員長、まほろば共生塾塾長)
      ・秦 佐子氏(愛媛有機農産生活協同組合専務理事)
      ・鶴巻 義夫氏(津南高原農産代表、新潟県有機農業研究会)
      ・舘野 廣幸氏(有機農業、「みんなの有機農業講座」主宰)
      ・魚住 道郎さん(魚住農園・茨城県有機農業研究会)
     コーディネーター 中屋敷 宏氏
◆参加費:1000円 (予約・申し込みは不要)
◆問い合わせ:日本有機農業研究会 TEL03−3818−3078
posted by 農楽人 at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年11月16日

シンポジウム「スローな食と農、それをささえる技術」の開催(2006年11月29日)

 従来の、「より多く、より効率的に、より経済性のある農業を!」から一部では転換が始まっています。先ほどご紹介した「生物多様性と農業」などもその一つでしょう。
 しかしながら、技術開発・試験研究の部門では相変わらず、従来のスタンスにたったものが主流になっています。
 このような中、東北農業研究センターでは、大量生産、効率化と一線を画した内容のシンポジウム「スローな食と農、それをささえる技術」が開催されますので、ご紹介します。
=================================================
 現代の食は、社会的分業の深化、合理化や効率化に伴い、低価格化、均一化、大量消費の傾向が加速化し、ともすると地産地消の食と農が忘れられがちです。これに対し、消えてゆく恐れのある伝統的な食材や料理、質のよい食品・飲料を守り、質のよい素材を提供する生産者を守り、子供たちを含め、消費者に味の教育を進めることにより、食と農を見直そうというのがスローフード運動です。
 東北農業研究センター福島研究拠点(福島キャンパス)では、このような運動の持つ意義とその可能性をさぐるとともに、東北農業研究センターをはじめ試験研究機関が農業技術開発の側面からどのように貢献できるかを広く一般の皆さんとともに考えるため、「スローな食と農、それをささえる技術」をテーマとした公開シンポジウムを下記のとおり開催しますので、ご案内いたします。
◆日 時:2006年11月29日(水)13:00〜17:00
◆場 所:コラッセふくしま 4階 多目的ホール
     (JR福島駅西口より徒歩3分)
◆内 容:<講 演>
      1)食と農をどう結ぶか
        榊田みどり(農政ジャーナリスト)
      2)生ゴミリサイクルで有機栽培−新たな消費者と生産者のつながり−
        長谷川 浩(東北農業研究センター)
      3)土着微生物や有機物で病害の発生を抑制する
        門田育生(東北農業研究センター)
      4)地域特産物を活かした機能性商品開発−桑葉の事例−
        木村俊之(東北農業研究センター)
      5)スローフードの魅力と福島での取り組み
        伊藤正義(スローフード福島事務局)
      <総合討論>
       スローな食と農をささえる農業技術について
        宮川三郎(東北農業研究センター
◆定 員:250名
◆参加費:無料、参加の事前申込不要(先着順)
◆問い合わせ:東北農業研究センター 企画管理部
        TEL019−643−3414,3417
posted by 農楽人 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年11月14日

「田んぼみらいフォーラム」の開催(2006年11月30日)

 水田には、食料を供給するだけでなく、都市の温暖化を緩和するなど様々な働きがあることがわかってきました。
 そこで、水田の持つ多くの機能を再認識して、未来に向かってどのように保全し活用していくのかを考えるフォーラム「田んぼみらいフォーラム」が開催されますので、ご紹介します。
◆日 時:2006年11月30日(木)13:30〜16:30(12:30開場)
◆場 所:大宮ソニックシティ 小ホール(大宮駅西口より徒歩3分)
◆内 容:基調講演「機構緩和のための都市と農村の共存」木村富士男(筑波大学教授)事例紹介「農業生産活動と多面的機能」
          「春日部周辺の気候を緩和する効果」
     パネルディスカッション
          河合 薫(気象予報士)
          古谷愛子(NPO法人おり座ネット事務局長)
          藤原悌子(NPO法人水のフォルム理事長)
◆主 催:関東農政局
◆問い合わせ:田んぼみらいフォーラム運営事務局(埼玉新聞社内)
        TEL048−862−3371
posted by 農楽人 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年11月12日

シンポジウム「生物多様性と農業」の開催(2006年11月25日)

 東京大学COE「生物多様性・生態系再生」研究の一環としてシンポジウム「生物多様性と農業」が開催されますので、ご紹介します。
================================================
 経済性と効率のみの追求による農業形態の変化の中で、急速に不健全化を進めた農業生態系。 その中で、社会と生態系を再生し、自然と調和のとれた人間社会を築こうとする流れは、世界的潮流となっています。日本でもその萌芽が見られはじめています。2005年11月、ウガンダで開催された第9回ラムサール条約締結国会議において、世界有数のマガンの越冬地である宮城県「蕪栗沼・周辺水田」が条約登録湿地となりました。「水田」を明確に湿地として位置づけ、保全対象としたのは、世界にも類をみない画期的事例といえるでしょう。また同年9月には、兵庫県豊岡市において、農業生態系の頂点に位置する「コウノトリ」が、野生復帰に向けて放鳥されました。
 これらの取り組みは、生物多様性の保全と矛盾しない新しい農業システムの構築を目指すものともいえます。健全な生態系・人間社会の基盤構築にむけたこれらの取組みには、農家・行政・産業・研究者など、さまざまな主体の協働が不可欠です。このシンポジウムでは各地の先進的な事例をご報告いただき、その後、来場者を交えたディスカッションを行います。
◆日時:2006年11月25日(土)10:00〜18:00
◆会場:東京大学農学部弥生講堂(東京都文京区弥生)
◆主催:東京大学COE「生物多様性・生態系再生」研究拠点
    東京大学「魅力ある大学院教育」イニシアティブAGRI-COCOON
◆内容:イントロダクション 鷲谷いづみ(東京大学大学院農学生命科学研究科)
     ・基調講演「コウノトリとともに生きる〜豊岡の挑戦〜」(10:15〜11:00)
        中貝宗治(兵庫県豊岡市長)
     ・各地で進む「人と自然の共生」に向けた取り組み(11:00〜12:30)
        ふゆみずたんぼ(宮城県・旧田尻町ほか)
        魚のゆりかご水田プロジェクト(滋賀県・琵琶湖)
        地域づくりとしての循環型農業(新潟県・旧笹神村)
     ・「人と自然の共生を目指した農業」の農学としての可能性(13:30〜14:50)
       ふゆみずたんぼの農学的研究 伊藤豊彰
        (東北大学大学院農学研究科)
       水田生物の多様性を活かした有機稲作の可能性 稲葉光國
        (NPO 法人民間稲作研究所代表)
     ・生物多様性保全型農業を支える様々な主体(14:50〜16:15)
      株式会社アレフの取組み 庄司昭夫(株式会社アレフ代表取締役)
      生き物調査が世界を変える 原耕造(全農SR 推進事務局長)
      パルシステムの産直活動 田崎愛知郎(パルシステム連合会)
     ・パネルディスカッション(16:35〜17:45)
◆定 員:150名
◆問い合わせ:東京大学農学生命科学研究科保全生態学研究室 担当:西廣淳
        TEL03−5841−8915
posted by 農楽人 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年11月10日

「女性の女性による女性のためのふるさと暮らしセミナー」の開催(2006年11月16日)

 「田舎暮らし、農的生活」といっても、参加したり、憧れているのは男性ばかりのようで、夫は田舎で、妻は都会でなんてケースも。
 そこで、女性にも田舎暮らしの良さを分かってもらい、また、不安を解消して夫婦で一緒に田舎に来て欲しい。ということで「女性の女性による女性のためのふるさと暮らしセミナー」が開催されますので、ご紹介します。
◆日 時:2006年11月16日(木)18:00〜20:30
◆場 所:JAビル 8階会議室(東京都千代田区大手町1-8-3)
◆参加費:無料
◆内 容:私の移住体験 2名の女性が移住の経過と現在の暮らし振りを語る
     私たち夫婦の田舎暮らし 東京から北信州に移住した夫婦の体験談
     豪雪・寒冷地の住宅プランニング 設計士が住宅プランニングのアドバイス
     セミナー終了後、個別相談可
◆問い合わせ:NPOふるさと回帰支援センター TEL03−5776−1543
posted by 農楽人 at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

「農業やってみませんか!セミナー」の開催(2006年11月18日)

 中高年者を対象に、農業は始めるためのノウハウを伝授するセミナー「農業やってみませんか!セミナー」が開催されますので、ご紹介します。農地の確保や就農先探し、農業をやって良かったこと、苦労したことなどの体験談を就農した人から直接聞けます。
 土曜日の午後ですので、今働いているけれど、これから定年帰農しようかと考えている方も参加し易くなっています。
◆日 時:2006年11月18日(土)13:30〜15:30
◆会 場:東京しごとセンター 5階 第2セミナー室
       (千代田区飯田橋3-10-3)
◆内 容:1)講演「就農した中高年者が語る」
        講師 田中 正雄 氏 (花卉栽培)
           江口 憲一 氏(有機野菜栽培)
      2)中高年者への就農支援策について
        講師 : 森 幸子 氏(農林水産省経営局普及・女性課 課長補佐)
◆定 員:先着50名(事前予約制)
◆対 象:おおむね40歳以上で就農に関心をお持ちの方
◆参加費:無料
◆問い合わせ:東京しごとセンター 総合相談係
        TEL03−5211−1571
posted by 農楽人 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年10月27日

秋の農業祭に出かけませんか? その4神奈川県版

◆神奈川県の農業祭など開催日程

開催月日

行  事  名

会    場

問い合わせ先

11月3日(金)横浜 農と緑のふれあい祭り保土ヶ谷区環境活動支援センター横浜市環境活動支援センター
045−711−0635
11月3日(金)かながわ農業アカデミー秋のまつりかながわ農業アカデミーかながわ農業アカデミー
046−238−5274       
11月3日(金)第9回松田産業まつり松田町営駐車場他松田町産業振興課
0464−83−1228
11月4日(土)横浜 田奈恵みの里感謝祭JA田奈 本所横浜北部農政事務所
045−948−2480
11月4日(土)
  〜5日(日)
よこすか産業まつり三笠公園実行委員会
046−822−8626
11月10日(金)第42回川崎市園芸展覧会JAセレサ川崎 本店川崎市農業振興課
044−860−2462
11月11日(土)
  〜12日(日)
やまと産業フェア
2006
やまと公園JAさがみ大和支店総合課
046−260−5132
11月11日(土)〜26日(日)の土日JA横浜 農業まつり各支店JA横浜 営農課
045−805−6612
11月12日(日)第42回相模原市農業まつり市立淵野辺公園中央広場実行委員会
042−769−8239
11月18日(土)横浜 新治恵みの里収穫祭新治恵みの里アグリファームス横浜北部農政事務所
045−948−2480
11月18日(土)
  〜19日(日)
JA田奈 農業まつりJA田奈 本所
(横浜市)
実行委員会
045−981−1811
11月18日(土)
  〜19日(日)
JAはだの 農業まつりJAはだの 本所(秦野市)JAはだの
0463−81−7711
11月18日(土)
  〜19日(日)
でてこいまつり2006平塚市総合公園JA湘南
0463−58−7799
11月23日(木)第7回山北町産業まつり健康福祉センター山北町産業観光課
0465−75−3646
posted by 農楽人 at 00:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

秋の農業祭に出かけませんか? その3千葉県版

◆千葉県の農業祭などの開催日程

開催月日

行  事  名

会    場

問い合わせ先

10月29日(日)第14回銚子市産業まつり銚子川口外港銚子市農産課
0479−24−8181
11月5日(日)いきいき旭産業まつり2006旭スポーツの森公園旭市農水産課
0479−68−1175
11月12日(日)旭市ふるさとまつり・ひかた2006市立干潟中学校旭市農水産課
0479−68−1175
11月18日(土)とうかつ〜食と農林業フェア2006JR船橋駅北口デッキ広場東葛飾農林振興センター
04−7143−4121
11月19日(日)第1回そうさ農業まつり匝瑳市役所駐車場匝瑳市産業振興課
0479−73−0089
11月23日(木)海上産業まつり海上コミュニティ運動公園旭市海上支所産業室
0479−55−3126
posted by 農楽人 at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年10月26日

秋の農業祭に出かけませんか? その2埼玉県版

埼玉県の農業祭などの開催日程

開催月日

行  事  名

会    場

問い合わせ先

10月28日(土)06富士見ふるさと祭り文化の杜公園他実行委員会
049−251−2711
10月28日(土)
  〜29日(日)
第27回所沢市民フェスティバル所沢航空記念公園所沢市コミュニティ推進課
04−2998−9083
10月29日(日)第17回みやしろ産業祭新しい村宮代町産業建設課
0480−34−1111
10月29日(日)名栗ふるさとまつり農林産物加工直売所「やませみ」前実行委員会
042−979−1212
11月3日(金)第23回菖蒲町農業祭あやめ公園他菖蒲町産業建設課
0480−85−1111
11月3日(金)第18回杉戸町産業祭アグリパークゆめすぎとアグリパークゆめすぎと
0480−38−4189
11月3日(金)はとやま祭中央公民館鳩山町産業振興課
049−296−5895
11月4日(土)
  〜5日(日)
ときがわまつりアスピアたまがわ他ときがわ町産業観光課
0493−65−1532
11月4日(土)
  〜5日(日)
鷲宮町農業祭中央公民館鷲宮町経済課
0480−58−1111
11月5日(日)嵐山まつり国立女性教育会館嵐山町産業振興課
0493−62−2150
11月5日(日)北川辺町産業祭北川辺町役場駐車場北川辺町経済課
0480−61−1205
11月11日(土)
  〜12日(日)
鴻巣市産業祭市立総合体育館鴻巣市農政課
048−541−1321
11月11日(土)
  〜12日(日)
2006彩の国 食と農林業ドリームフェスタ久喜市総合運動公園埼玉県流通販売推進室
048−830−4106
11月11日(土)
  〜12日(日)
第13回幸手市民まつり中央通り幸手市産業振興課
0480−43−1111
11月12日(日)第23回春日部市産業祭庄和総合運動公園春日部市農政課
048−736−1111
11月12日(日)加須市農業まつりJAほくさい 旧加須経済センターJAほくさい 加須中央支店
0480−61−0905
11月12日(日)おおとね童謡のふるさとまつり大利根運動公園大利根町農政商工課
0480−72−1319
11月12日(日)第26回三芳町産業祭町立運動公園三芳町産業振興課
049−258−0019
11月18日(土)平成18年度しらおか農業祭しらおか味彩センター白岡町産業振興課
0480−92−1111
11月18日(土)東松山市農業祭野本公民館東松山市農政課
0493−23−2221
11月18日(土)
  〜19日(日)
羽生市農業まつりJAほくさい 本店羽生市農政課
048−561−1121
11月18日(土)
  〜19日(日)
第11回吉川市農業まつりおあしす吉川市農政課
048−982−9482
11月18日(土)
  〜19日(日)
熊谷市産業祭熊谷スポーツ文化公園熊谷市農業振興課
048−524−1111
11月18日(土)
  〜19日(日)
深谷市産業祭深谷市総合体育館深谷市農業振興課
048−574−6648
11月18日(土)
  〜19日(日)
第33回寄居町産業文化祭町立総合体育館寄居町農林課
048−581−2121
11月18日(土)
  〜19日(日)
さいたま市農業祭見沼グリーンセンターさいたま市農政課
048−829−1376
11月19日(日)栗橋やさしさ・ときめき祭総合文化会館他栗橋町環境経済課
0480−53−1111
11月19日(日)吉見町農業祭JA埼玉中央 吉見センターJA埼玉中央吉見支店
0493−54−1531
11月19日(日)江南町町民祭町立総合文化会館他江南町経済課
048−536−1521
11月23日(木)第31回春日部市農業祭大沼運動公園春日部市農政課
048−736−1111
11月23日(木)蓮田市農業まつり農業者トレーニングセンター蓮田市農政課
048−765−1722
11月23日(木)滑川町農業祭JA埼玉中央 滑川農産物直売所JA埼玉中央滑川支店
0493−56−2255
11月23日(木)川島町農業商工祭平成の森公園川島町農政商工課
049−297−1811
11月23日(木)小川町農業祭埼玉伝統工芸会館小川町農業委員会
0493−72−1221
11月25日(土)
  〜26日(日)
第30回三郷市農業祭勤労者体育館他三郷市商工農政課
048−953−1111
11月26日(日)JAほくさい秋の収穫祭JAほくさい 騎西中央支店JAほくさい 騎西中央支店
0480−73−1121
11月26日(日)第33回松伏町農業収穫祭B&G海洋センター松伏町産業振興課
048−991−1853
11月26日(日)狭山市農業祭JAいるま野 狭山共販センター狭山市農政課
04−2953−1111
12月2日(土)
  〜3日(日)
第32回八潮市農業祭生涯楽習館八潮市農政課
048−996−2111
12月2日(土)
  〜3日(日)
こしがや産業フェスタ 2006総合体育館越谷市農政課
048−963−9193
12月2日(土)
  〜3日(日)
JAほくさい農協祭りJAほくさい 行田中央支店JAほくさい 行田中央支店
048−556−1171
posted by 農楽人 at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

秋の農業祭に出かけませんか?

 実りの秋ということで、各地で農業祭や農産物品評会が開かれます。
 品評会では、その地域でとれる農産物が一同に展示されるため、地域の農業を知るまたとない機会です。
 また、会場では地元の農家による農産物の直売もあり、新鮮な農産物が市価より安く・売されます。秋の一日、行楽をかねてどうぞ。

◆東京都の農業祭などの開催日程

開催月日

行  事  名

会    場

問い合わせ先

11月2日(木)
  〜3日(金)

アグリ・フェスタ・トウキョウ35明治神宮宝物館前広場JA東京中央会
042−528−1371
11月3日(金)
  〜4日(土)
第21回奥多摩町ふれあいまつり登計原総合運動公園奥多摩町観光産業課
0428−83−2295
11月3日(金)
  〜4日(土)
18年度杉並区農業祭区役所1階ロビー杉並区生活経済課
03−3312−2111
11月3日(金)
  〜5日(日)
第37回羽村市産業祭農業展羽村市富士見公園羽村市産業振興課
042−570−0144
11月3日(金)
  〜5日(日)
国分寺市農業祭都立武蔵国分寺公園JA東京むさし 国分寺支店
042−324−2116
11月4日(土)
  〜5日(日)
第10回東大和市農業まつり市役所庁舎北側広場JA東京みどり 東大和支店
042−561−4383
11月4日(土)
  〜5日(日)
青梅産業観光まつり 農業祭永山公園総合運動場青梅市農林課
0428−22−1111
11月10日(金)
  〜12日(日)
第38回昭島市農業特産品共進会昭島市民会館昭島市産業振興課
042−544−5111
11月10日(金)
  〜12日(日)
立川市農業祭昭和記念公園内 みどりの文化ゾーン他立川市産業振興課
042−528−4318
11月10日(金)
  〜12日(日)
第40回日野市産業まつり日野中央公園日野市産業振興課
042−585−1111
11月10日(金)
  〜12日(日)
世田谷の花展覧会
世田谷区農業祭
区立世田谷公園世田谷区都市農地課
03−3411−6659
11月11日(土)
  〜12日(日)
第20回JA八王子農業祭富士森公園JA八王子 指導広報課
042−666−6511
11月11日(土)
  〜12日(日)
平成18年度東村山市市民まつり東村山市民センター駐車場東村山市産業振興課
042−393−5111
11月11日(土)
  〜12日(日)
第29回狛江市民まつり 農業祭市立狛江第一小学校校庭JAマインズ 狛江支店
03−3488−3435
11月11日(土)
  〜12日(日)
武蔵村山市農産物品評会JA東京みどり 村山支店経済センター南武蔵村山市産業振興課
042−565−1111
11月11日(土)
  〜12日(日)
東久留米市農業祭市役所敷地JA東京みらい東久留米支店
042−475−0042
11月11日(土)
  〜12日(日)
第46回三鷹市農業祭三鷹市第一体育館及び市役所JA東京むさし 三鷹支店
0422−46−2152
11月11日(土)
  〜12日(日)
第18回小平市産業まつり小平市福祉会館市民広場JA東京むさし 小平支店
042−341−0038
11月11日(土)
  〜12日(日)
武蔵野市農産物品評会市役所敷地内武蔵野市生活経済課
0422−60−1833
11月11日(土)
  〜12日(日)
第29回国立市農業展市役所敷地内国立市産業振興課
042−576−2111
11月11日(土)
  〜12日(日)
第12回あきる野市産業祭都立秋留台公園あきる野市農林課
042−558−1119
11月11日(土)
  〜12日(日)
第6回西東京市民まつり西東京市いこいの森公園JA東京あぐり 田無支店
042−461−2511
11月11日(土)
  〜12日(日)
JA町田市ふれあい祭りJA町田市 忠生支店JA町田市 忠生支店
042−791−3111
11月11日(土)
  〜12日(日)
青梅市三田地区総合文化祭沢井市民センターJA西東京 指導経済部
0428−31−1116
11月11日(土)
  〜12日(日)
第21回青梅市小曽木地区農業祭小曽木市民センターJA西東京 指導経済部
0428−31−1116
11月11日(土)
  〜12日(日)
第57回小金井農業振興品評会市立小金井第一小学校小金井市経済課
042−387−9882
11月11日(土)
  〜12日(日)
第32回瑞穂町農畜産物共進会瑞穂町役場西側道路瑞穂町産業振興課
042−557−7630
11月11日(土)
  〜12日(日)
18年度板橋区農業まつり板橋区赤塚体育館板橋区赤塚支所
03−3983−5114
11月12日(日)青梅市成木地区農業祭成木市民センターJA西東京 指導経済部
0428−31−1116
11月16日(木)
  〜17日(金)
JA東京中央 千歳地区秋季農産物品評会JA東京中央
烏山支店
JA東京中央
03−3308−6622
11月17日(金)
  〜18日(土)
JA東京中央 砧地区秋季農産物品評会JA東京中央 砧支店JA東京中央 砧生活センター
03−3415−8591
11月17日(金)
〜19日(日)
府中市農業まつり府中市郷土の森博物館府中市経済観光課
042−335−4143
11月18日(土)目黒区秋季農産物品評会目黒区立碑文谷体育館目黒区産業経済課
03−5722−9879
11月18日(土)
  〜19日(日)
第9回JA東京あおば 農産物品評会光が丘 夏の雲公園練馬区地域振興課
03−5910−3066
11月18日(土)
  〜19日(日)
第24回福生市農産物共進会JA西多摩 福生支店福生市地域振興課
042−551−1699
11月18日(土)
  〜19日(日)
調布市農業まつり調布市役所庁舎前調布市産業振興室
042−481−7182
11月18日(土)
  〜19日(日)
平成18年度清瀬市農業まつり清瀬市民センター清瀬市経済課
042−492−5111
11月18日(土)
  〜19日(日)
JA町田市ふれあい祭りJA町田市 南支店JA町田市 南支店
042−796−2225
11月18日(土)
  〜19日(日)
青梅市梅郷地区総合文化祭梅郷市民センターJA西東京 指導経済部
0428−31−1116
11月18日(土)
  〜19日(日)
JA町田市ふれあい祭りJA町田市 アグリハウス・川店JA町田市 ・川支店
042−735−1514
11月22日(水)
  〜23日(木)
第33回町田市太陽と緑のまつり町田市野津田公園町田市農業振興課
042−724−2166
11月22日(水)
  〜23日(木)
JA西東京 霞地区農業祭霞共益会館JA西東京 指導経済部
0428−31−1116
11月26日(日)第58回大田区野菜と花の品評会大田区産業プラザ1Fホール大田区産業振興課
03−3771−6184
posted by 農楽人 at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年10月12日

「足立区都市農業公園 秋の収穫祭」開催(2006年10月22日)

 足立区にある都市農業公園では、恒例の秋の収穫祭を今年も開催しまので、ご紹介します。
 作物の収穫体験や頒布、ハーブティーの試飲会、陶芸体験コーナーなどが行われます。
◆日 時:2006年10月22日(日)9時〜17時
◆場 所:都市農業公園(東京都足立区鹿浜二丁目44番1号)
◆問い合わせ:足立区都市農業公園 TEL03−3853−4114
posted by 農楽人 at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報

2006年10月08日

「東京都農林水産振興財団フェア」の開催(2006年10月21日)

 東京の農林水産業や試験研究を身近に知ることができるイベント「農林水産振興財団フェア」が開催されますので、ご紹介します。
 芋掘り体験や家畜とのふれあい体験など家族向きのメニューもあります。
===================================================
◆日 時:2006年10月21日(土) 9時30分〜16時00分(小雨決行)
◆内 容:<立川会場>
     (財)東京都農林水産振興財団「立川庁舎」(東京都立川市富士見町3−8−1)
      試験研究の紹介、イモ堀り体験、バイテク実験、農畜産物等販売、さかな釣り、
       園芸相談コーナー、野菜の種まきと収穫、園芸教室、リンゴアート
      <青梅会場>
      (財)東京都農林水産振興財団「青梅庁舎」(東京都青梅市新町6−7−1)
      試験研究の紹介、牛の乳しぼり体験、コスモス摘取り、骨密度測定、牛の品評会
       家畜とのふれあい、ソルゴー迷路、農畜産物等販売、おえかきコンクール
◆問い合わせ:財団法人東京都農林水産振興財団 TEL042−528−0505
posted by 農楽人 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。